焦らずに、見守りたい

 あれは忘れもしない、中学1年生の夏休み明けの9月2日。
 
 娘が「今日どうしても行けない」と言うので、夏休み疲れもあるのかと、気にもせず休ませました。それから、長い不登校人生が始まりました。夏休みには、はやばや宿題を終えて、ところがどうしても昼と夜の生活が逆転してしまったようでした。

 私のほうもひとり親で仕事仕事に明け暮れ、夜遅くまで働いたり、ストレス解消といって飲み会など開いてやっていました。

 やはり最初は驚きまして。一番いけなかったのは手をあげていたこと。また、無理に学校に連れていったこともありました。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。