活動発表会のようす

 2015年12月20日、本紙「子ども若者編集部」の活動発表会が東京シューレ王子にて開催され、49名の参加があった。そのなかで、「私が編集部に来る理由」を編集部メンバーが発表した。その一部を紹介する。

ウソつかずに話せる居場所

 
 私が子ども若者編集部に来ている理由は「はじめにウソをつかなくていいから」です。
 
 ここ10年くらい、新しく出会う人たちに「学生さんですか?」とか「OLさんですか?」と聞かれるんです。そのときは「学生です」とか「フリーターです」と答えます。でもそれはウソで、本当の私は28歳の無職です。
 
 人と最初に会うときに、はじめにウソをついてしまうと、そのあとどんな会話をしても、ウソをついてしまった自分というのがつきまとって、ちょっとした雑談でも話をするのがうしろめたくなります。
 
 でも、子ども若者編集部に来ている人たちは、悩んでることが私と同じことが多くて、ウソをつく必要がないんです。
 
 だからここで、ささいなことでも会話ができるのが私はすごくうれしいです。(PN(Y・Y)・28歳)

ひまつぶしで きています

 
 「ひまつぶし」です(笑)。 僕はひきこもっているときに、母親がたまたま『不登校新聞』を読んでいて、「こんなのあるよ」と言われ、そのときすごくひまだったので来てみました(笑)。間がよかったんですね。
 
 来てみたら、いろんな人の話がきけておもしろいです。「参加できるラジオ」みたいですね。(なかたしょうたろう・23歳)


読者の方にも多数ご参加いただきました

編集部が私の逃げ場所

 
 私は「逃げ場づくり」に来ています。親とぶつかったり、バイトでイヤなことがあったりしても、「ここなら受けいれてくれるだろう」という居場所が一つほしくて、私にとってはそれが子ども若者編集部です。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。