ひといき

 いま僕がハマっているもの、それは小説です。どの小説かというと、ズバリ、本紙で連載中の「少年と午前二時」です。
 
 手前味噌なのは承知の上です。でも僕は作者の天埜裕文さんとはお会いしたことがないので、純粋に読者として読んでいます。みなさん、これおもしろいですよ!
 
 天埜さんは2008年にすばる文学賞を取られたという、プロの小説家なんですね。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。