連載「孫の不登校」


 お孫さんの不登校を「あたたかい目で見守って」と言われても、にわかには信じがたいと思います。中学3年生という大事な時期に学校へ行かず、昼夜逆転の生活のなかで、ゲームやマンガ三昧。これでは高校に行けるわけがないと、ご心配でたまらないことでしょう。

 もっと言えば、これは「甘やかし」で孫によくない。放っておけば人生を棒に振るかもしれないし、息子夫婦は孫にもっと厳しい態度で臨むべきなのに、ともお思いではないでしょうか。



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。