こんにちは。私は中学2年生から不登校になって、今は28歳になります。今回は私が不登校していたときに感じた、親にされて苦しかったことや、うれしかったことをランキング形式で紹介しようと思います。
 
 ではまず私が苦しかったこと第3位、「きょうだいの功績を喜ぶ!」です。これは親としてしょうがないことなのかもしれませんが、同じ親から生まれたきょうだいのよいところを、落ちぶれた私の目の前で何度も喜ばれるのはキツいです。せめて私のいない場所でしてほしかったです。
 
 続いて第2位、「無理やり大学に行かされた!」です。20歳のころ、親が勝手に大学のパンフレットを取り寄せ、親の勧めのままに受験することになりました。私は乗り気ではなかったのですが、「サークル活動、楽しいよ。入試の作文も手伝うから」と誘惑されました。結果合格したのですが、入学から2週間で体も心もダメになり、退学しました。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。