新しい企画を考えてみた。その名も「観賞坂」。テレビでは、なにやら女性タレントを全力で坂を走らせる番組がある。それを見ていると、私のような不登校気質の女子は思う。「別に走らなくてもいいんじゃないか」と。走らずとも坂のよさはわかるし、なによりあの番組は坂よりも「女性」を見せている。これはどうも苦手だ。ふつうに坂を見ていただきたい。そう、私は坂にくびったけなのだ。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。