編集後記「ひといき」

 私が不登校になってちょうど20年がすぎた。ここ数カ月、あまりに忙しく、いやなことも多々積み重なっているので、「よかった」という気持ちだけに浸れる気分ではないのだが、私の命は不登校したからこそ救われたものだと思う。たくさんの人にも支えられた。
 
 20年前の不登校当時、学校への恨み、自分への否定感や憤り、いろんな負の感情が渦巻いていた。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。