連載「子ども若者に関する精神医学の基礎」


 カナーは、「幼児早期分裂病」から出発して、自閉症を病気だと考えました。これに対し、アスペルガーは「子どもの発達」という視点から出発しました。
 
 幼児期の子どもは、自分勝手な言葉遊びや不思議な遊びにしばしば興じます。こうした「自分だけの独自な世界」にこもっているように見える傾向は、年齢が上がるともに減っていきます。しかし、なかにはずっと引きずる子どももいます。アスペルガーはこの点に着目し、自閉的な傾向を、発達の偏り(正常発達の一亜系)と考えたのです。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。