僕は22歳のときに、通っていたフリースクールのプログラムで職業体験をしました。ハウスクリーニングの会社でした。会社の人は僕にやさしく作業を教えてくれました。僕自身も、「ここで働けたらいいなあ」と思っていました。
 
 職業体験が終わった後、会社の人は「もうちょっとがんばればここで働けるよ」と言ってくれました。その言葉がうれしく、もっとがんばりたいと思ってその会社に再体験を申し込みました。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。