中部弁護士会連合会(中弁連)は子どもが直面している貧困問題に関して「子どもの『学びの平等』を求める決議」をした。

 子どもたちの生活を直撃している貧困問題について、各地の弁護士会が意見を表明しているが、中弁連決議は、問題が経済的困窮のみならず、子どもをとりまく人間関係の貧困、大人社会の精神的貧困を指摘しているのが特色である。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。