総会が行われた会場

 第51回日本児童青年精神医学会総会が、今年は群馬県前橋市で10月28日~30日の3日間開催された(主催・日本児童青年精神医学)。今年の学会総会はテーマを「児童青年精神医学の期待される新たな展開:リエゾン(連携)とレジリエンス(復元力)」。医学会内外の教育界や他機関との連携、また脳科学の進展による生命体の復元力情報などを視野に入れたテーマ設定だった。三国雅彦会長(群馬大)のもと、3日間で1150名の参加があり、活発な発表や議論が行なわれた。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。