7割以上が障がいの子と


 『フリースクール白書』には、フリースクールや居場所のあり方・運営の仕方がどうなっているのか、03年の調査結果がくわしく示されている。現在、そのごく一部を紹介している。

◆意思決定
 人事や財政については団体代表や経営者が6~7割、子どものルールやイベントは子ども7割、スタッフ7割と出ている。スタッフも関わりながら子どもの主体性を尊重しつつ場を進めているようすがうかがえた。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。