連載「親のための不登校Q&A」vol.5

  
 学校には、運動会・発表会・修学旅行・卒業式など、大きな行事がいくつもあります。日々の学校には行けなくなっても、「せめて行事だけでも参加できるといい思い出になるのでは?」と先生に勧められたり、「行事をきっかけに学校に戻れるのでは?」と親も期待したりします。
 
 わが家の次男は、部活でのいじめがきっかけで学校に行けなくなったのですが、学校は好きで、なんとかして学校に戻りたいとがんばっていました。とくに、みんなでワイワイやる学校行事は大好きだったので、クラスメートからの誘いの電話があれば、揺れながらも「行く」と返事をしていました。休み始めたのは中1の体育大会後ですが、ずっと楽しみに練習していた合唱コンクールには参加しました。私も当日は見に行ったのですが、隣の席の友だちとも話をしたり、がんばって歌う姿に胸が熱くなりました。でも、翌日からも学校には行けませんでした。
 
 2年生の春休みから部活を再開し、そのまま登校を再開した息子でしたが、5月の大型連休後に徐々に行けなくなりました。それでも、9月の2泊3日の宿泊野外学習、10月の体育大会には参加しました。どちらも、帰ってくるとうれしそうに話をしてくれるのですが、やはり翌日から学校には行けませんでした。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。