精神科医・なだいなださんが亡くなった。なださんはアルコール依存症の専門家としても有名であったが、一般常識とはちがう角度から発言するエッセイストとして好きであった。

 かつて「ちくま」というPR誌で、なださんは「迷惑がかかる恐れ」という小文を書いておられた。新興宗教家の娘が、ある有名大学に合格したが、大学側はほかの学生に「迷惑がかかる恐れ」があるとして入学を拒否した。ところが別の有名女優が特別枠で社会人入学すると、何も騒がず、ゼミに多数の学生が集まり混乱しても「迷惑がかかる恐れ」があるとは言わない。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。