連載「親のための不登校Q&A」vol.6


 子どもが学校に行けない、行かないことを、何とか受けいれられた親なら「学校に行かない(行けない)なら、せめて適応指導教室やフリースクールなどの場所に行ってほしい」と思うはずです。
 
 私自身もそうでした。長男のときは、なんとか高校を卒業したので、元気になって自分で動き出すようになるまでは、家庭ですごすことを受けいれるしかないと思っていました。しかし、次男に対しては、「あなたはまだ中学生なんだから、兄ちゃんみたいにずっと家ですごすというわけにはいかないよ、義務教育なんだから」と言ってました。
 
 今思えば、まるで脅しのような言葉です。義務教育というのは、子どもが行く義務ではないのですよね(くわしくは文末の「義務教育と不登校」を参照ください)。
 
 次男のときは、学校からも、すぐに「適応指導教室へ」とすすめられましたし、本人からも「見学に行く」という返事を取りつけて見学予約をしました。でも、結局、当日は起きてこられず、私一人で見学に行きました。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。