不登校の子を持つ親の気持ちを一番理解してくれるのは、やっぱり不登校の子を持つ親だと思います。
 
 子どもが学校に行き渋り始めたときの漠然とした不安感。困っているから相談したのに「育て方の問題」と専門家から一蹴されたときの憤り。自分なりにがんばっているのに「死ね、クソばばぁ」と子どもから言われたときの悲しみ。家でゴロゴロしてばかりのわが子を見ているときのイライラ。同年代の子どもとわが子を比較してしまったときの罪悪感、など。親の心のなかにはさまざまな感情が湧いては消え、またすぐに湧いてきます。
 
 そんなとき、「大丈夫だよ」と言われてもすぐには受けいれられないかもしれません。でも、同じ経験をした人からの一言だからこそ、親のつらさに響くこともあると思います。「親としての自分」をこのうえなく責めてきた方が、本紙読者のなかにもいらっしゃるかもしれません。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。