東京レインボープライド2016にて

 不登校・ひきこもりの当事者・経験者たちでつくる「子ども若者編集部」。今回はそんな編集部の2016年の活動をふり返ってみたい。子ども若者編集部員が関わった記事は36本。スタッフが発案し、メンバーの意見を聞きながら記事にしたものもあるが、ほとんどはメンバーみずから発案し、記事化を進めてきた。

当事者がみずからの気持ちを語ってきた記事としては

「親にされて一番苦しかったこと、一番うれしかったこと」

「休める場を奪わないで 4年間ひきこもって見えたコト」

「話せなかった親への気持ち」などがある。

あるいは、当事者ならではの企画として

「コミュニケーション"ほぼゼロ”グルメ」

「私を支えた"どん底映画”"どん底音楽”」

「括目せよ!われらの中2病自慢」などなど

 会議の場で提案されたときには、スタッフも「おお、そんな視点があったのか!」と驚いた企画だった。

 また、インタビュー取材は、メンバーが「この人に話を聞きたい」という企画を出して、オファーの素案を書き、その後スタッフと相談しながら企画書を練り上げ、先方に送付するというかたちで行なっている。今年インタビューしたのは

若者カウンセラー・岡田沙織さん

ミュージシャン・悠々ホルンさん

ラッパー・R‐指定さんなど

恥ずかしながらスタッフはまったく知らなかった人たちが多かった。それを企画化し、インタビューまでできたのは、メンバーのおかげである。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。