幼稚園で幼い子どもたちに教育勅語(ちょくご)を暗唱させているニュースが流れた。明治天皇が明治23年(1890年)に発布した大人にも難しい言葉の勅語を園児らが声をそろえて暗唱する。

 勅語とは明治憲法の天皇制で、天皇の支配下にある民に対する命令を意味する。戦後、教育は国民、子どもの権利とする現行憲法のもとで教育勅語を廃止し、教育基本法が成立した。子どものころ見た映画で、学徒動員で戦争に送り出される学生が学校で教育勅語を暗唱し、まちがえると教師に殴り倒される場面はいまも記憶に残っている。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。