本紙理事・奥地圭子

(この記事は2011年2月1日『Fonte』204号に掲載された記事です) 

 子どもが今日も学校へ行かない。そこで朝、親は学校へ連絡することになります。でも、それが親にとってはとてもしんどいのです。「今日も休ませていただきます」「まぁ、家ではゲームをやっていたり、マンガを読んだりしていますが」。毎日同じようなことしか言うことがない。
 
 また、学校へ電話したとき、教師がすぐに電話口に出てくれるとはかぎらない。仕事に出かけたい親は遅刻しそうになるし、イライラする。学校は不思議なところで、取り次いだまま出てもらえなく、一度電話を切って再度かけ直すなんてこともめずらしくない。3カ月も経つと、電話代だってバカにならない。
 
 こんなふうに悩んでいる方にいまでも会います。



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。