人間、一生懸命になると意外と自分が疲れていることに気が付かなかったりする。
 
 目の前のことに必死になるあまり、ダウン寸前でも体が動いてしまうものだから、そのままイケイケどんどんで進んでしまうのだ。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。