文科省は「いじめ・いじめ自殺」の社会問題化を受け、昨年いじめに関する緊急調査の結果を11月22日に発表した。調査対象は全国の国公私立の小・中・高。調査結果によると2012年は上半期のみで約14万件のいじめがあった(前年約7万件)。また、文科省は生命や身体の危険性が考えられる「重大ないじめ」も調査。278件が「重大ないじめ」だと認知された。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。