連載「孫の不登校」

お正月、息子夫婦やお孫さんと別に暮らしている祖父母にとっては、孫たちが故郷に帰ってくれるのがとっても楽しみです。孫に食べさせたいと思い、買ったお餅ではなく、わざわざ餅つきをし、大好きだと言っていた数の子をそろえ、お年玉も準備しました。ところが約束の大晦日、息子から電話です。「おばあちゃん、ごめん。Y男は行きたくないと言って動かない。だから、今年は俺と妹で行くから」。



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。