10年間で2.6倍増 厚生省、相談件数まとめる

7月26日、2011年度に全国の児童相談所が対応した児童虐待相談件数が5万9862件だったことが厚生労働省の発表で明らかになった。前年より3219件(福島県を除く)増え、統計を取り始めた1990年以降、21年連続で過去最多を更新、6万件に迫る勢いだ。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。