同級生の証言、法廷動かす

 日本初の「いじめ自殺国賠訴訟」について東京高裁は第3回口頭弁論後、和解を勧告した。2005年に自殺した埼玉県北本市の中井佑美さん(当時12歳)の両親が市と国に対して損害賠償を求めていた。和解内容はまだ明らかにされていない。

 訴状によると中井佑美さんは小学6年生ごろからいじめを受けていた。母親が担任教師に注意をするよう要請し、担任は佑美さんと同級生2名を交え た話し合いの場を設けた。しかし、その後、佑美さんは同級生2名らにトイレへ連れ込まれ「便器に顔を突っ込め」と言われるなど、いじめは深刻化。中学校へ 進学するとさらに深刻化し、2005年10月11日、佑美さんは8階立てマンションの屋上から飛び降りて亡くなった。

 昨年7月、1審の東京地裁では「不愉快に感じることはあったと思われるが、一方的・継続的でなく、いじめではない」と判断し、原告側の請求を全面的に棄却した。

 昨年11月に開かれた控訴審の第2回口頭弁論の証人尋問では、同級生1人が証人として出廷し、佑美さんがいじめられていたことを泣きながら語った。
 原告代理人の児玉勇二弁護士は意見陳述で「いじめの事実なしという判決を受け、同級生が驚いて、法廷で真実を伝えようと証言台に立ってくれた。子どもたちは真実を教師から知らせてほしかった。裁判所には責任ある判断を強く望む」と語った。

 両親は「和解が意義のあるものであれば、和解をする可能性もあり、そうでなければ判決を迎える」と語っている。判決の期日は4月25日。