連載「孫の不登校」

 ある中3の男の子の父親は、単身赴任で海外勤務、いつも不在です。ご家庭には母親と小6の妹、祖父と暮らしておられ、祖母は2年前に他界されました。


 長男は中学入学後、サッカーに打ち込むなどとても元気で、祖父はとてもかわいがり、「将来が楽しみじゃ」が口グセでした。
 ところが、中学2年生の3学期から、朝になると「気持ち悪い」「お腹が痛い」と言うようになり、欠席が増え、中学3年生になってからは4月に1日行っただけで、あとはずっと休んだままです。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。