◎連載「ひきこもるキモチ」

 今回が支援者編の最後になる。脱ひきこもりから1年後に通った、国の職業訓練である。 
 
 『基金訓練』(現・求職者支援訓練)という制度は、かんたんに言えば無料で(場合によってはお金をもらいながら)職業訓練をさせてもらえる塾のような学校を指す。

 最初に応募したところが不合格になり、リクルートスーツを引っ張りだして別の夜間学校に受かった。職業訓練学校の世界も競争が激しい。そこはホームページ作成を教える学校で、アドビのフォトショップやイラストレーターなどのソフトや、かんたんなウェブプログラムを学ぶことになった。

 その学校に通うことが数年ぶりの実社会との接点になった。当然、まわりの人は精神を病んでいない。まわりも自分のことを精神を病んでいる人として配慮はない。僕はたんなる無職の27歳としてそこにいた。そのことは障害者として萎縮しないで済む自由もあったが、変わった行動をとれば奇異の目で見られる痛みもあった。最初の自己紹介時に想像以上の緊張に襲われてガタガタ震えた。アドレナリンが出すぎていたのだ。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。