宝塚不登校の会「サポート」では、7月31日に5周年記念事業として、「家族が人生の危機と向き合うときシリーズ」第2弾を企画します。5年もすぎると 子どもの年齢・状態も変わり、当会は不登校を切り口にしていますが、いまでは思春期の子どもをもつ親の悩みを話せる場ともなっています。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。