食の安全に対する信頼が揺らいでいる。大手ホテルチェーンのレストランなどで産地や食材を偽って提供していたという報道が相次いでいる。また学校では給食で誤ったアレルギー物質の入った食品を食べた子どもが死亡する事件も起きた。

 食べるということは人間が生きていく基本であり、食物がいったん加工されて調理されれば、大人でも子どもでも食材の偽装を見抜くことは難しい。誤った食品を口にするということは命にもかかわる問題でもある。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。