4月の子ども若者編集会議終了後、編集部で初めて外部講師をお呼びしたワークショップを行ないました。テーマはカメラ。プロカメラマンに来ていただき、基礎知識や正しい撮影方法など教えていただきました。

 インタビューでも、工場見学でも、取材をするうえで欠かせないのが写真。写真のできしだいで、記事全体がおもしろくも、また平凡にもなってしまうからだ。子ども若者編集部の活動は『Fonte』の創刊時より続いているが、カメラについては、みな、見よう見まねでやってきた。ときには「うわ、手ぶれしてる」「しまった、逆光だった」などなど、いざ新聞をつくろうとしたときに青ざめた経験も一度や二度のことではない。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。