小学校4年生の10月から一度も登校したことのない長男が、この春、中学を卒業しました。高校には進学しませんが、これまで通り、好きな教科だけは通信教材を使って勉強を続けるそうです。小・中学生の弟二人も学校に行っていません。

 義務教育には、ひとりあたり100万円近くの税金が使われていると聞いたことがあります。「そのお金、うちの子たちにはほとんど使われていないんだなあ」とずっと思っていました。そして、このたびの高校無償化も、やはりわが家には恩恵がありません。行政でも民間でも「フリースクールやフリースペースへの支援」と、オルタナティブ教育の考え方が議論されているようですが、それが実現されたとしても、家ですごしているわが家の子どもたちはやはり恩恵をこうむることがないのです。





この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。