今回は、村主美佳さん。中学1年生で不登校をし、その後はフリースクール「東京シューレ」に通った。現在は都内の高校に通いながら、将来は臨床工学技士になりたいと考えている。不登校にいたった経緯や、高校に通うなかで感じていることについて、うかがった。

――不登校のきっかけは?
 私は、中学受験をして入った私立中学に、電車で通っていました。ところが、1年生の6月ぐらいから、過呼吸の発作を起こして電車に乗れなくなってしまって。学校に戻るために電車に乗る特訓もしましたが、じつは、電車に乗れなくなった原因はその中学受験だったんです。

 私、本当は地元の公立中学校に行きたかったんです。でも、それを言えないまま受験して、受かって、通うことになって。長いあいだ、本心を隠し続けていたことがストレスになって体調を崩した1年生の夏休み、初めてきちんと自分の本心を親に話すことができました。

――現在は高校に通っているわけですが、フリースクールとのちがいで思うことはありますか?
中学1年生の秋から18歳まで東京シューレに通って、いまは高校に通っていますが、自分が高校生になってみて、高校とフリースクールとのちがいを考えることが増えました。


 たとえば、定期券の問題。フリースクールに通う高校生年齢の子どもには、通学定期券が適用されないからすごく高いんです。

 私の場合、半年でだいたい10万円ぐらい。「学割が適用されれば4万円弱で買えるのに」と思いつつ、初めて通勤定期券を買うとき、私の前に並んでいた大学生が1万円ちょっとで通学定期券を買っているのを見てしまって。ものすごい悔しいというか親に申し訳ないというか、なんとも言えない気持ちになりました。そのときのことは、いまでも鮮明に憶えています。
 でも、いま定期を買うときは学生証を出すだけ。こんなにかんたんに買えるなら、フリースクールの会員証でもいいじゃないって(笑)。

――いま、不登校をふり返って、どのようなことを思いますか?

 私は不登校ですべてを失ったと思いこんでいました。でも、ひとつだけ失っていないものがありました。それが「好奇心」でした。何気なく始めたルービックキューブにのめり込んで、いまでは日本各地の大会にも参加しています。去年は世界大会出場という夢も叶えました。昔は電車で一駅乗ることさえ必死だったのに(笑)。不登校はある意味、自分の人生にとって必要だったんじゃないかと思います。フリースクールでの5年間の経験がキューブの大会運営をする際にも役立っているし。

 来年で高校卒業なのですが、将来は臨床工学技士になりたいと考えています。人工呼吸器などの医療機器の保守点検を行なう仕事ですが、これも自分の好奇心から出たもの。好奇心さえあれば、自分の行動力は無限大に増えていく。自分の不登校をふり返って、そう思います。

読者登録をする
◆読者登録をすると、月2回最新号発行時にメールでお知らせ。創刊からこれまでの記事(現在随時追加中)など『不登校新聞』すべての記事を読むことができます。
おすすめ記事

講演録「親はどう支えればいい?」講演録「親はどう支えればいい?」

不登校経験者手記「私にとっての通信制高校/良くも悪くも普通の学校」不登校経験者手記「私にとっての通信制高校/良くも悪くも普通の学校」

ひきこもり・当事者連載「ひきこもるキモチ」ひきこもり・当事者連載「ひきこもるキモチ」

連載「自閉症スペクトラムから見える世界」連載「"自閉症スペクトラム”から見える世界」

連載「子ども・若者にかかわる精神医学の基礎」連載「子ども・若者にかかわる"精神医学”の基礎」