出前を取るときやお店に予約を入れるときなど、電話で名前を伝える。しかし、子ども若者編集部の弓納持有隆くんは、そうはかんたんにいかない。電話越しで何度も何度も復唱し、復唱されたあげく、正しく覚えられることはなかった。そこで今回は、弓納持有隆くんといっしょに、名前で苦労した方のエピソードを収集し、どうしたら名前が伝わりやすくなるのか検証してみた。

 名前を伝える際、漢字を付け加えると伝わりやすくなる。信組陽子さんの場合は「信用組合と書いて信組です」、宇留賀雅子さんの場合は「宇宙の宇に、留守番の留に、賀正の賀」。しかしながら漢字がややこしい場合もある。今回、取材で発見した忽滑谷ふとん店さんの「忽ち」などがそうだ。あるいは、渡辺さんや渡部さんや渡邊さんや渡邉さんも、確実に苦労しているはずだし、斉藤さんや斎藤さんや齋藤さんも、たいへんだろう。

 「名前まちがい」は難しい漢字のみならず、聞き取りづらい「音」が絡んでいると多くなる。彦田来留未さんの場合は「ひこた」の「ひ」が伝わりづらい。しかも「彦田の彦は弥彦の彦」「彦根の彦です」と伝えてもなかなか難しいそうだ。ハサウェイ・雪さんの場合も「何度もハサウェイですって言ってるのに『長谷部さんですか?』って聞き返される」と。

まちがい・いっぱい



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。