大掃除の日に出てきた古い写真がある。9人の子どもが壇上に並んでいる。頭上の横看には「さよなら学校信仰~登校拒否を考える集い」とある。

 私たちが「登校拒否を考える会」を始めた年、当事者の子どもが登場しての大きいイベントは初、みな、実名を出して発言していた。1984年、ちょうど30年前のことだ。

 登校拒否のあなたたちは問題の子だ、という社会の価値観のなか、この子たちは、何てすごい存在だろう、と思う。いまは30代、40代、みな元気でいるだろうか。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。