◎シンポ抄録「フリースクールで育って」

不登校・ひきこもりの子らが通っている学校外の居場所「フリースクール」。その場で育ってきた人、あるいは現在通っている人4人がシンポジウムに登壇。フリースクールフェイスティバル2013のシンポジウム「フリースクールで育って」講演抄録。

親には緩やかに構えてほしい


 私の場合、不登校の理由がちょっと変わっていて、「雷」だったんです。子どものころから、大きな音が苦手な子どもでした。

 小学2年生のとき、突然の雷雨があって。急いで帰ろうとしたら、たまたまその日、靴が片方隠されちゃってたんです。しかたなく、そのまま帰ったところ、家の鍵を持ってないことに気づいて。外でガマンしていましたが、近所の人にかくまってもらい、事なきを得ました。
 
 しかし翌日、いつも通りに登校しようとすると、まったく足が動かず、しだいにお腹も痛くなって、学校に行けなかったんです。急な出来事に母は混乱してましたが、父は「そのうち行くようになるだろう」と、大らかに構えてくれていたのを覚えています。
 
 学校がイヤだったわけでも、いじめがあったわけでもない。でも学校に行けないという状態だったので、なぜこんな思いをしなければならないのかと、いつも不安でした。
 
 中学3年間を適応指導教室ですごした後、私立の高校に進学しました。でも、なんだかんだでうまくいかず、退学しました。「りんごの木」を知ったのはそのときです。ただ、当時は週1回しか開室していなかったので、別の高校に入り直すことにしたんです。でも、今度は入学式当日から通えず、2度目の退学となりました。ちょうどそのとき、「りんごの木」が週5日開室するようになったことを知り、体験入学を経て、18歳で通うことにしました。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。