今年、新聞づくりをするうえで、あることに、これまで以上にこだわっていきたいと考えています。それは「わかりやすく、安心してすぐに使える情報を発信する」ということ。
 
 いま、ネットを使えば、何百万という情報が瞬時に手に入ります。ただし、それらは玉石混交で、信憑性があるか否か。また、わが子や親自身にとって本当に必要な情報かどうか。判断するのは、なかなか骨の折れる作業です。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。