今回はデザイン玩具店「トイプール」を創設した一人の渡邉広史さん(28歳)が、起業の経緯やデザイン玩具店について執筆した。渡邉さんは、小学校5年生のときに不登校、中学2年生から東京シューレに通っていた。

 「お父さん、おもちゃ屋さん始めます」。10代の多感な時期をフリースクール東京シューレでともに過した仲間とひさしぶりに再会したのは4年前の秋風が吹き始めた渋谷に建っているライブハウスでした。シューレを卒業し、それぞれが選んだ道を歩きながら過ぎていった歳月を思いながらステージを見ると、そこには会社に勤めながらもバンド活動を続けているなつかしい顔がありました。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。