連載「孫の不登校」


 うちでは、私の父と母が同居して、子どもが2人、夫とあわせて6人暮らしです。上の子が中3で、まもなく受験日を迎えます。上の子は、中2の4月より不登校となり、学校の先生方は幸い「見守っていきましょう」と言ってくださり負担にはならなかったのですが、私の両親が、よるとさわると「孫の不登校に、この年に合うなんて」「自分が送っていってやろうか」と言い、登校しないのが不安で、どんなに話し合っても、また元に戻る、という1年半でした。
 
 私も夫も働いており、祖父母には助けられていて感謝もしているのですが、昼間、子どもにはいろいろ言うようで、子どもも「たまらん」と言って避けていました。半年前から子どもが「高校を受ける」と言いだし、両親は安心したのか、うるさく言わなくなり、食事も家族で囲めるようになり「よかった」と思っていた矢先、受験を心配し始め、「もっと勉強させないと」とか「これで失敗すると、またこもるのでは」とうるさくなりました。子どもも私も、ほとほと疲れてしまう日々です。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。