春のような陽気が一転して真冬の寒さに舞い戻った。咲き始めた梅の木にも雪の花が咲いた。真の春の到来までには暖かさや寒さがくり返されていく。多くの生物が同じように春を迎えるために耐えている。

 人間も乳幼児期から、少しずつ病気にかかりながら多くの免疫力を獲得していく。誰もが小さな困難を乗り越えて、かんたんに命を落とさない不思議な生命力を持っている。挫折や逆境から生き抜くために、困難を受けいれながら、幸福になろうと強く生きている。幸福であることは、いやな気分から遠ざかることであり、不快な思いを制御できる力を獲得することでもある。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。