連載「不登校の歴史」


 前号に続き、投薬の状況を紹介する。

■薬についての医師の説明


 投薬を受けた人に「医師の説明があったか」を聞いたところ「あった」と答えたのは、子ども自身が回答した票では67%、親が子どものことを回答した票では68%にすぎなかった。強い薬や副作用もある薬を含む状況にもかかわらず3割以上が、よくわからないままに服用していたことになる。

 「治療形態」と「薬についての医師の説明」との関係をみる分析も行なった。入院中の投薬について、医師から説明がなかったことがあると答えたのは、子ども票では43%、親票では47%であった。通院中の投薬では、子ども票26%、親票18%、入院中のほうが説明されない傾向があった。

■指示通りの服用



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。