連載「子ども若者に関する精神医学の基礎」

 今回から、テーマは「恐怖」と「不安」です。そもそも、恐怖や不安は、どのように生起するのか。また近年、「強迫神経症」や「不安性障害」という診断名を耳にする機会が増えましたが、現在の精神医学はこれらをどう捉え、投薬を含め、どのような治療を行なっているのか、などなど。さまざまな視点から考えてみたいと思います。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。