毎年春から初夏にかけての季節の変わり目になると、季節の変化のように、周囲の人たちが進学や就職などで気ぜわしく動き出すようになり、ふと自分だけが取り残されたような気分になる。人生も自然や四季のように変化はするが、すべてがいっせいに変わるというわけではないので、季節や周囲の変化に巻き込まれることなく、過ごしたいものだ。
 
 ローマの哲学者セネカは、『人生の短さについて』のなかで、「他人に人生の大半を奪われている人間は結局、人生をほとんど見ずに終わる。あなたがせわしく過ごすうちに、人生は急ぎ足で去っていく」と警告している。たしかに自分の人生を生きているかどうか、ときには足元を見つめ直してみたい。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。