連載「不登校再考」


 前回から引き続きオルタナティブ教育としての「フリースクール」にこだわって、フリースクールのミーティングについて述べてみたい。

 今年1月に開催された日本フリースクール大会で、フリースクールスタッフの立場から、フリースクールの課題としてミーティングについて言及した。子ども中心の活動を展開しているフリースクールでもっとも重要なのがミーティング。ところがフリースクールりんごの木では最近参加者が減少してきた。りんごの木のミーティングは、法人の定款で運営会議として位置づけており、子ども・スタッフの全員参加が基本となっていたが、それが難しくなり、みんなで話し合った結果、多数決で自由参加に決まった。自由な場を維持していくには、子どもたちと話し合いを重ね、たがいに気持ちのよい関係をつくっていかなければならない。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。