連載「孫の不登校」 


 私の娘はまもなく40歳になろうとしています。結婚までは順調で孫にも恵まれましたが、数年後、共働きの無理もあったのか、うつが発症してしまい、いまだにまともな子育てができません。
 
 以来、私が同居して、家事や孫の面倒を見ています。孫の父親は2年前離婚しましたので、いまでは私と娘と孫の3人暮らしです。
 
 そんな事情なので、学校との連絡は私がやるようになっています。孫は小学4年生ですが、学校へ行っていません。何があったかよくわかりませんが、登校させようとすると、荒れてたいへんだったので、いまは見守ることにしています。
 
 よくわからないのが、学校へ支払うお金のことです。ほぼ1年近く、給食費は引き落とされました。食べていないのに払わないといけないのだろうか、と疑問になってきました。娘に言うと、「学校へたまに行った日に食べられないとかわいそうでしょ」と返事が戻ってきて、そうか、と思い払い続けましたが、変だなとも思います。
 
 それを考え始めたら、PTA会費とか、教材費とか、いろいろ学校へ納めるお金をどう考えたらよいのか気になってしまい、おたずねする次第です。



この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。