卒業式について、学校が「不登校の児童生徒にも、せめて卒業式でみんなといっしょに卒業証書を渡してあげたい」と思うのは自然な気持ちでしょう。

 しかし、卒業式が「晴れの舞台」になるのは、学校生活が楽しく、有意義だった場合の話であって、つらく悲しい、いやな思い出ばかり詰まっていたらどうでしょうか。

 先日、何人かの親御さんたちと卒業式の話題になり、がんばって式に出た方、別室で卒業証書を渡してもらった方、家に届けてもらった方などさまざまでしたが、感激よりも「一区切りついてホッとした」とおっしゃってました。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。