2005年12月5日、長野県上田市の丸子実業高校(現丸子修学館高校)の元バレーボール部員・高山裕太くん(当時16歳)が自宅で自殺した。これを受け、母親は「自殺はいじめが原因だった」として、県や高校などを相手取り、損害賠償を求め提訴していた。3月6日、長野地裁(近藤ルミ子裁判長)は判決を言い渡し、母親の請求のほとんどを棄却。ただし、ハンガーで高山くんの頭を叩いた上級生1人には慰謝料1万円の支払いを命じた。一方、バレー部顧問や部員らが母親ら遺族に名誉を毀損されたなどとして慰謝料を求め提訴していた。この訴訟については、30人中23人に対して「私生活上の平穏を違法に侵害した」とし、遺族に約34万円の支払いを命じた。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。