3月1日に名古屋にて、千葉の武田さん母娘と大垣の松岡さん母子による親子シンポジウムが開催された。講演会のテーマは「不登校は親のスタートライン」。それに応えてのシンポジウムである。

 武田さん親子の明るくざっくばらんなやり取りに、ほほえましく笑い声もあがった。しかし、その言葉のなかには、つらい葛藤も、かいま見え、その時間を越えてきた強い意志が感じられて、私は何度も胸をつかれた。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。