連載「学校のナゼ」


 わが家の子どもたちは現在、中2、小6、小3。3人とも学校に行かず、家で過ごしています。

 最初に長男が学校に行かなくなってから4年あまり。学校とのやりとりのなかで、「なぜ?」と憤ったり、悔しかったり、うんざりしたりというエピソードは数えきれません。

 もうすぐ小学校卒業を控えた次男に、先生方は「卒業文集にどうしても何か書いてほしい」とおっしゃいます。うちの子どもたちはたいてい「書きたくない」ということになるのでそう伝えるのですが、先生方は「全員を載せてあげたいから」と。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。