この2月で「浜松登校拒否親の会」を立ち上げて19年。「よくぞまあ、続いたもの!」と感慨深い。

 2005年7月に市町村合併し、2007年4月、82万人の政令指定都市になった浜松市では、現在900人あまりの不登校の子どもたちがいる。

 「子ども第一主義」のマニュフェストで当選した市長と去年、15の市民団体が話し合う場を持ち、提言書を作成。だからといって大きな変化はなく、たいして力もないけれど…いろいろ発信していく必要を感じている今日このごろ。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。