連載「不登校の歴史」


 2000年5月3日、佐賀駅バスセンターから出発した福岡天神行きの西日本鉄道高速バスを乗っとり、走り続けるバスのなかで3人の女性客を切りつけ、1人死亡という事件を起こした少年は、不登校だった。

 なぜ、少年はそこまで、追いつめられてしまったのだろうか。すべては報道から知ったことだが、少年の置かれた状況の概要を記して、そのあたりのことを考えてみたい。

 少年は両親と妹の4人暮らしで、小さい頃から勉強ができる子だった。運動は苦手、性格はおとなしいほうだった。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。