ずっと家に居ては、社会性が育たないんじゃないか――。今昔問わず、不登校の子どもを持つ親を悩ませてきたテーマだ。
 
 現在は「教育支援センター」(適応指導教室)や「フリースクール」など、不登校の子どもを受けいれる居場所が多数存在することも相まって、親としてもついつい「家以外のどこかの居場所に通ってくれたら私も安心できるのに」と考えてしまうことも少なくないのではないか。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。